精神的な原因が考えられる人へその1

女性の不感症について治療法や治療薬を教えてください

精神的な原因が考えられる人へその1

「誰にも知られず、1人で改善したい」

セックスに対する「意識変革」

原因のところで解説したように、精神的な原因で不感症となっている人の心の中には「セックス=悪いこと、恥ずかしいこと」という図式が出来上がっています。

しかしこれは、貴女が多感な時期に受けた親御さんの偏った性教育や、性犯罪を取り扱った衝撃的な映画などの影響で形作られたもの。自覚して意識の持ち方を変えることで、今からリセットすることは十分可能なのだと心得ましょう。

もしかしたら貴女のご両親は男女交際に対して否定的で、彼氏を気軽に家に連れていくこともままならず、ドラマの中でキスシーンが出てきただけで急にテレビを消してしまうような堅苦しい環境だったのかもしれません。

中にはちょっとしたラブシーンなどが出てくると「ああいうことをしちゃいけない」なんてあからさまに否定するようなお父さんも結構いるようです。

しかし、過去のご両親の性教育がちょっと行き過ぎていたことを、今さら攻め立てても仕方がありません。まずは「自分のことが心配で、良かれと思ってやったこと」と許してあげること。何だかんだいってもご両親も普通に愛し合ったからこそ貴女が誕生したのです。

その事実を「微笑ましい」と思えたら、もう大丈夫。ご両親より一枚上手の気分で、「親は有難いけれど、完全無欠じゃないんだな」と達観してしまいましょう。

幼い頃に出来上がってしまう潜在意識というのは怖いもので、ご両親を完全視しすぎることによって「ああいうことをしちゃいけない」という言葉に一生縛られることになります。まず貴女はもう大人なのですから、厳格なご両親に感謝し、許し、乗り越えてください。

また、セックスそのものは本来価値中立的なものであり、異常者の手によっては恐ろしい性犯罪に発展しますが、普通に愛し合うカップルにとっては良いもの、素晴らしいものとなります。

もし、かつて観た恐ろしいレイプシーンなどにまだ囚われているならば、「セックスは自分とパートナーの気持ち一つでプラスの存在に変わるもの」であることを強く認識してください。