肉体的な原因が考えられる人へその1

女性の不感症について治療法や治療薬を教えてください

肉体的な原因が考えられる人へその1

「誰にも知られず、1人で改善したい」

ホルモンバランスを整える方法

加齢や不規則な生活による体調不良、また継続的に精神的ストレスにさらされている状態下では、ホルモンバランスが崩れ女性ホルモンの分泌がうまくいかなくなることがあります。

ホルモン異常は不感症と密接に関係しており、「感じない」「濡れない」「痛い」といったセックストラブルの原因になります。

手っ取り早く出来る改善策としては、やはり栄養バランスの取れた食事と規則正しい生活、なるべくストレスのかからない工夫が挙げられます。

それでもフォローしきれない場合は、サプリメントなどによりホルモンバランスの改善をはかる方法も有効でしょう。

人気のあるものではガラナやマカを主成分としたものなどがありますが、いずれにしても自然由来の成分を主とし、副作用のない安全なものをチョイスしましょう。

低用量ピルもホルモンバランスを整えるのに有効なので、妊娠を望まない場合などは選択肢に入れてもいいかもしれません。ただし、薬の種類によっては「性欲減退」という副作用が予想されるものもあります。

事実「ピルを飲み始めて不感症になった」という人もいますが、副作用の現れ方は人によりかなり違いがあります。逆に「妊娠の恐怖から開放されてセックスがすごく良くなった」「ピル服用前よりパートナーと円満」という人もたくさんいます。

あくまで個人の体質によるところが大きいので、問題のない場合はピルの服用を試すのもよいでしょう。